足臭い防止

知らないうちに臭くなっている足。夏でも冬でも、靴の中では足が臭くなっています。そんな臭いを防止する方法についての話。

足の臭いを防止する方法

ほっとくと、いつの間に臭くなっているもの。それは足。臭くなれと頼んでもいないのに、私達の足は、靴の中でどんどんと臭いを増していきます。
ツーンとするものや、モワ~ンとするもの様々ありますが、ここでは臭いの種類に関係なく、足が臭くなるのをカンタンに防止する方法をお伝えしようと思います。

原始人の足は多分臭くなかった(たぶん..)

いきなりの質問ですが、原始人って足が臭かったと思いますか、臭くなかったと思いますか? 私は、臭くなかったと思います。なぜなら靴を履いていないからです。

私達現代人がなんでこんなに足が臭くなりやすいかというと、靴や靴下、女性出会ったらストッキングなどを日常的に履いているからです。

人の足は一日にコップ1杯の汗をかくそうですから、それが靴のなかに閉じ込められて蒸された日には、そりゃもう臭くなるのも当たり前です。雑菌は汗をエサにして爆発的に増えます。
なので、足の臭いを防止するためには、原始人のように靴を履かないのが一番です。

靴をはかなければならない現代人のあなたへ

とはいえ、このページを読んでいる人の中には、現代人の方もいると思います。なので、靴を毎日履いてもあまり臭くならない方法をお教えします。

一日数回、出来れば一時間に1度、靴を脱いでみましょう。湿気を少しでも逃がしてやるのです。私の場合はイスにすわっている間は基本、靴を脱ぐようにしています。丸一日ずっと履きっぱなしというのと、適度に脱いでいるのではかなり違います。

家に帰って靴を脱いだあとは、風通しが良くて陽に当たるところにおいておくと、雑菌が死滅します。

殺菌効果のあるボディソープを使うべき。

現代人の足は蒸れて臭くなりやすいのに、現代人が使うボディソープは保湿ばかりを重視しています。足にはこれ以上保湿しちゃいけないのです。余計臭くなります。

ですから現代人こそ、殺菌効果のあるボディソープを使うべきです。
雑菌を出来るだけ増やさないように気をつけることと、日中増えてしまった雑菌を処理するための入浴時のケアが、足の臭いの防止には一番大切です。

殺菌効果の高いボディソープ

おすすめのボディソープ

特徴別ボディソープ

体のお悩み